健康外来サロンとは?

脳へのアプローチ

質問します。

「氷が解けたらどうなりますか」

「水になる」

「正しい答えです。」

でもあなたは日常生活を本能より理性中心で過ごしている可能性があります。
こんな答えはどうでしょうか。

「氷が解けたらどうなりますか」

「春になる」

このような感性がまだあなたに残っていると良いのですが。

今日歩いている時に風はどっちから吹いていましたか。
雲の流れはどうでしたか。
道端の花に気が付きましたか。
街路樹の葉の色はどんなでしたか。
石鹸の香りはどうでしたか。

これが五感です。

桜

五感療法

健康へのアプローチの道筋は五感の機能を回復し、脳を元気プログラムに回復することが明白です。実は脳へのアプローチとして最も有効なのが五感なのです。動物は外界の情報をいち早く脳に伝達しなければなりません。そのために五感の感覚器はすべて脳に直結しているのです。そのために鈍くなった五感を心地よく刺激することで、五感の機能を回復させることができ、自然に脳にアプローチすることとなり、脳の機能が自然に回復し元気プログラムになります。そして健康になる能力が自然に回復するのです。

実は五感を通しての脳のアプローチは、現代人が大脳皮質に何枚も着ている硬い鎧を剥し、余裕のなくなっている大脳皮質に余裕を与え、人が生きる司令塔である人の核(脳幹部)の機能を呼び起こし奮い立たせることが健康づくりの基本です。

治療の違い

従来の健康づくりや予防医学は疲弊プログラムの結果として出てきた食行動や生活習慣の歪みしか見ていないため、その対策は食事制限、栄養バランスなど食生活の指導や、運動、睡眠、休養、規則正しい生活などの指導でした。更に医療は疲弊プログラムの結果発症した肥満や生活習慣病を対症療法的に治療していただけです。これは西洋医学的健康観すなわち病気と健康を対比した非連続的な予防医学的発想なのです。実は川の下流で水をキレイにしていた状態です。そして健康づくりのための禁止や抑制、強制の指導は脳が不快として記憶され、却ってストレスを増やし脳を疲弊プログラムにしてしまっていたのです。その結果、リバウンドを繰り返していました。

川の上流に位置する脳の機能を心地よく改善すれば、脳が本来持っている健康になる能力が回復し元気プログラムとなり、人は自然に健康になることができるのです。そのために鈍くなった五感を心地よく刺激することが重要です。