Yokokura Clinic HOME 生活習慣美容研究会事務局特報関連の病院・大学・企業掲載メディアFAQ
健康外来サロン 健康外来サロンとは?チェックテストプログラムメニューサロン会員法人向けコーチング

法人向けコーチング


健幸脳プロジェクトの提案

過去の導入事例

脳健幸メディカルプロジェクト


HOME > 法人向けコーチング > 過去の導入事例
過去の導入事例


大手総合電機メーカーの保険組合向けに生活習慣病改善プログラムを実施



大手総合電機メーカーの健康保険組合向けに、従来型肥満治療で改善の見られない60名の社員に対し、3年間にわたって快食療法を指導し、1年後に効果を測定したところ、60名のうち、快食療法実施者の48名全員が体重減少(平均6.9kg)するなど、従来型指導に比べ、大きな改善効果を得ています。

検査結果では、収縮期圧5.1mmHg、拡張期圧6.8mmHg下降し、TC(総コレステロール)では9.7mg/dl減少、HDL(善玉コレステロール)は5mg/dl増加。TG(中性脂肪)は68.7mg/dl、GOT、GPT8.5〜14mg/dl、γ-GTP17.3mg(いずれも肝機能目安)、血糖値4.5mg/dl、HbAlc0.3%(糖尿病目安)とそれぞれ減少しました。各検査項目の有効改善率は、90.5%〜100%という結果を得ています。


生活習慣の改善だけでなく、不安不眠や、うつ状態にも効果・・・日本心身症学会発表

更に快食療法は、心理面での効果も出現している。治療前後に、GHQ(精神健康調査票:身体症状、不安、不眠、社会的活動状態、うつ傾向などの評価)を実施したところ、いずれの数値も改善され、不安不眠、うつ状態の改善にも、脳健幸プログラムが効果を示す結果となっています。

 
大手総合電器メーカー 各年度別臨床成績

各年度別体重変化 各年度別収縮期圧変化
 
各年度別収縮期圧変化 各年度別拡張期圧変化
 
各年度別TC変化 各年度別HDL変化
 
各年度別TG変化 各年度別GOT変化
 
各年度GPT変化 各年度血糖値変化
 
各年度HbAIC変化 各年度尿酸値変化
 
セミナー参加者の体重変化  
 

健康外来 心理テスト成績

各肥満治療群のGHQの変化 各肥満治療群のGHQの変化
 
各肥満治療群のGHQの変化 各肥満治療群のGHQの変化
 



研修生募集サイトマッププライバシーポリシー
Copyright