無風庵

健・幸・美

健康外来に来た患者さんによく聞く質問です。

「ここに来る時、風はどっちから吹いていましたか。」

「頬で風を感じましたか。」

「雲はどっちに流れていましたか。」

時間に追われて歩いていたり、下を向いて歩いていたり、イヤホンをしていると風の音が聞こえません。スマホを見ていると限られた画面の情報しか入手できません。イライラしながら赤信号を待っていると五感が働きません。

雲

信号待ちしている時にちょっと空を見上げると雲が流れています。風を頬で感じるかもしれません。歩道の樹木の香りがするかもしれません。自分の周りの身近な情報が、そして地球や宇宙からの情報が五感に入って来ます。

実はこの日々の生活の中にこそ健幸の原点があり、日常茶飯から生命力のエネルギーと人が生きる美学が生まれて来るのです。これが私の提唱する「健幸」です。

西洋医学からみた現在の健康科学はあくまでも予防医学的健康概念に止まっています。1990年日本初の「健康外来」を開設し、研究と実践から1993年「未知なる健康科学」と題して新しい健康概念を確立し発表しました。私が提唱した疲弊脳と健幸脳の概念による「ヒトの健康」は「人が生きるための生命力」です。

哲学の木

ここで人を一本の木に例えてみます。それぞれの木には根があり根は土壌から栄養を吸収しています。では土壌は人にとっては何かと言いますと、私達が生まれ育った日本の2000年の歴史に培われてきた歴史・文化・宗教・風習・習慣です。 日本人は春夏秋冬の季節を肌で感じ、日々の生活習慣を営み、更に高度な感性を磨き世界に類を見ない日本文化を築き上げて来ました。その感性こそが日本人の美学として受け継がれて来ています。日々の日常茶飯にこそ人生の質を高める「健幸の美学」があり、これが「人が生きるための美学」です。

真の健幸で得られた生活美の豊かな感性は和の心を学ぶことでき、2000年培って来た日本人の健幸そのものです。そして人生を日本の歴史文化にみられる「道」に喩え、美意識を深めれば、その智恵と喜びを同時に得ることができ、生きる和の美学が生まれます。これを「和美」として100年先の子供達に引継いで行くことが、我々の課せられた使命です。

背景_花1 背景_花2

お知らせ

現在、お知らせはありません。

イベント

恋する茶会
  • 日時:毎月第2土曜日 14:30 ~ 16:00
  • 場所:横倉クリニック 健康外来サロン
  • 講師:宮副 紘美
無風庵茶会
  • 日時:毎月第2土曜日 17:00 ~ 19:00
  • 場所:横倉クリニック 健康外来サロン
  • 亭主:横倉 恒風

掲載雑誌

  • マリソル

    9月1日発売
    「Marisol」

  • セラピスト

    5月6日発売
    「セラピスト」

  • からだにいいこと

    2月16日発売
    「からだにいいこと」

  • 美しくなる食事療法

    2月7日発売
    「美しくなる食事療法」

掲載書籍

  • 本物のダイエット

    心と体が軽くなる
    本物のダイエット

  • 脳の健康法

    病気が治る
    「脳」の健康法

  • 脳疲労

    脳疲労に克つ
    日野原重明先生推

  • メタボ体質

    メタボ体質は
    「脳疲労」が原因だった